2017年05月08日

「アイリンブループロジェクト」に参加

東日本大震災で、6才でなく亡くなった幼稚園児「あいりちゃん」のご家族が、
短編映画上映と「あいりちゃん」と名前の付いたフランス菊のお花の普及活動をされています。
今回、関東で初めて上映することになり、この活動に携わっている私の友人から紹介で、
4月23日(日)雪組の希望者親子とともに参加してきました。

IMG_8418.JPG

あいりちゃんがなくなった場所に、フランス菊が芽を出し、
きれいなお花を咲かせたそうです。
そのお花に「あいりちゃん」という名前をつけて(商標登録を取得)奇跡の花をテーマに、
命の大切さを繋げる映画の上映と、お花「あいりちゃん」を全国に増やし育てていく活動が
「アイリンブループロジェクト」です。



会場は、高崎電気館。昔の「松竹」です。
このプロジェクトの代表をされている方が、このレトロさに大変感激され、「昭和」が
大好きとのことで、上映中の原田知世の「時をかける少女」を観たい〜とおっしゃっていました。わーい(嬉しい顔)
IMG_8312.JPG


映画鑑賞の後、「水にお絵かき」というワークショップで楽しみました。
IMG_8322.JPG  IMG_8328.JPG

魔法の紙にクレヨン絵お絵かきして水に浮かせると・・・
あらららららら
描いた絵が水に浮いてゆ〜らゆら。
「お水に絵がかけた!」と、みんな大喜びでした。



数日後、石巻から「あいりちゃん」の遺伝子を持つお花の苗が送られてきました。

IMG_8412.JPG

日に日につぼみがふくらんでか花びらが開き、こんなにかわいらしいお花が咲きました



おさるの門から入った正面の、ミニ菜園の手前に植えましたので、みなさまもご覧になってくださいね。








posted by エデュカーレ城之内 at 13:58| 日記