2011年05月30日

ふき刈り

 
 いつの頃からでしょうか。
 気がついたら蕗がおいしいって思うようになっていました。
 子どもの時はどうだったかな。。。
 間違っても好んで食べた記憶はありませんよね。


 うちの園では、理事長の自宅に蕗がた〜くさん生えるので、
 毎年子どもたちが蕗をとってきてお料理していただきます。
 IMG_2049.JPG
      みてみて!顔より大きいよ 


  大多数の大人が子どもの頃蕗を食べなかったように、うちの園児達も
 普段はまず好んで蕗を食べることはないと思うけれど
 自分たちでとって自分たちでお料理するとあらあらふしぎ・・・
 これがけっこういけるんですよね〜。

  IMG_2111.JPG
    板ずり  お塩をつけてまな板の上でごりごり


  IMG_2126.JPG
  湯がいたあとすじをむきます。これがおもしろいの。
  すじをむくのは1,2歳でもできます。


  「これっくらいの、おべんとばこに、おにぎりおにぎりちょっとつめて・・・」
  というとってもメジャーな手遊びがありますよね。
  あの歌の最後に
  「すじのとおったふ〜き」
  と出てきて手をぱしっとたたいて終わりますよね。
  あのふきです。こうしてお料理をすると蕗というものがよ〜くわかって
  歌いながらイメージできます。
  そうです。何事も実体験が大切。
  空想じゃなく 実体験に基づいた「想像力・イメージ力」ってものすごく大切。
  それって、知らないことだらけの子どもたちにとって、これから世の中の
    一つ一つを自分のものにしていくために本当に大事なことなのです。

  あの手遊びに出てくる「山椒さん」と「れんこんさん」もお料理してみたいなあ。。。 
  
  ちょっと灰汁が強いので気をつけなきゃですけどね。

    

posted by エデュカーレ城之内 at 10:54| お料理